イベント

enokojima#event

DECOBOCOギャザリング#4 彦坂敏昭さん(画家)

「ジョセフ・ヒコと彦坂とアイスランド」
DECOBOCOギャザリング#4 ゲスト:彦坂敏昭さん(画家)

「DECOBOCOギャザリング」は精力的にユニークな活動している30、40代の方々に、活動内容とそれを取り巻く環境などを話して頂くイベント。ゲストを囲んでワイワイと緩く人々が繋がるギャザリング(つどい)です。脱線トークも大歓迎。

4回目のゲストは彦坂敏昭(ひこさか としあき)さんです。
彦坂さんは1983年 愛知県生まれの画家。現在は京都を拠点に制作活動しています。主な個展に「ARKO 2009 (大原美術館)」「テサグリの図画(shiseido gallery)」。その他に「TRANS COMPLEX – 情報技術時代の絵画(京都芸術センター、AISHO MIURA ARTS)」、「MOTアニュアル2008解きほぐすとき(東京都現代美術館)」、「egØ-「主体」を問い直す-(punto)」などへ参加などの活動。2009-2010年にはポロック・クラズナー財団(ニューヨーク)より制作支援を受けています。

また、2015年3月からはポーラ美術振興財団の助成を受けて、1年間ロンドンを中心にヨーロッパに滞在。本イベントではそのヨーロッパ滞在中、特に印象に残ったという、アイスランドのレジデンスでの日々や、その期間に発行した新作「波のスケッチの新聞」の話をして頂きます。トークの後は恒例の交流会。参加者全員でにぎやかに話ができればと思っています。

この日のために展示される、彦坂さんの新作とともにお待ちしております。ぜひ、お誘い合わせの上お越しください。

彦坂敏昭さんウェブサイト http://hicosaka.com/