イベント

enokojima#event

ALIMO 映像作品上映会&トーク「イリュミナシオンとナラトロジー」

ALIMOさんは「アニメーション・タブロー」という独自の方法論の下、映像作品を制作する美術作家。アニメーションの持つ構造から、シュルレアリスムの新しい可能性を探っています。今回フラッグスタジオでは、第31回バンクーバー国際映画祭 招待上映作品の『人の島』や第11回岡本太郎現代芸術賞 特別賞受賞作品『リーゾー』など計4作品(合計34分)を上映します。上映後は、美術作家の長坂有希さんをモデレーターに、ALIMOさんの日常や制作について話して頂きます。ぜひ、お誘い合わせの上お越しください。

ALIMO
1977年山口県生まれ。美術作家。広島を拠点に活動。医療カメラマンを経て多摩美術大学油画専攻、国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)、インド留学にて絵画とアニメーションを学んだ後、2012年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。その後、渡欧し2012年から14年にかけてエストニアで創作制作を行う。現在、広島市立大学芸術学部講師。専門はアニメーション・ナラトロジー。
孤独なオブジェを繋ぎ、その先にある沈黙によって領土や信仰、所有という、ある二つのイメージの間にある、見えたり見えなかったりする存在の痕跡をヴィジョンとする。「アニメーション・タブロー」という独自の方法論の下、作品をメルヘンと遊びに分類し、アニメーション構造からシュルレアリスムの新たな展開を模索している。
主な活動に「ものがたり」という宝石(インド/2015)、国際芸術センター青森レジデンス・プログラム(2014)、UNLOCKING THE DIARY(イギリス/2014)、Move on Asia(ドイツ/2013)、第16回文化庁メディア芸術祭・アート部門、第31回バンクーバー国際映画祭、第11回岡本太郎現代芸術賞特別賞受賞、平成24年度文化庁新進芸術家海外研修員、平成25年度ポーラ美術振興財団在外研修員。

http://www.studioalimo.com/