イベント

enokojima#event

講演会「小泉八雲にみる日本の心 ーオープン・マインドの航跡を辿るー講師:小泉凡氏」

日本の文化的アイデンティティを学び考えるJICPの9月勉強会では、小泉八雲の曾孫である小泉凡さんを松江からお招きし、ハーンの思考の根幹にある「オープン・マインド」をテーマに、ご講演いただきます。

小泉八雲(1850〜1904年)は出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン。ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、民俗学者です。明治23年(1890年)に来日。松江で小泉セツと知り合い結婚。日本国籍を取得して小泉八雲と名乗りました。日本のこころを五感で感じた小泉八雲の開かれた精神の航跡を辿ります。7月にリニューアルオープンしたばかりの小泉八雲記念館もご紹介いただきます。
http://www.hearn-museum-matsue.jp/

どなたでもご参加いただけます。お誘い合わせの上、是非ご参集くださいますようお願い致します。(トップの写真は、図録の表紙の一部です)

参加は下記メールアドレスへお申し込みください。※9月20日までに事務局までe-mailまでお申し込みください。
JICP事務局: info.jicp@gmail.com

講師:小泉凡氏 (島根県立大学短期大学部教授・小泉八雲記念館館長・焼津小泉八雲記念館名誉館長)
1961年東京生まれ。成城大学・同大学院で民俗学を専攻後、1987年に松江へ赴任。小泉八雲、妖怪、怪談を切り口に、文化資源を発掘し観光・文化創造に生かす実践研究や子どもの五感力育成をめざすプロジェクト「子ども塾」で塾長として活動する。主著に『民俗学者・小泉八雲』(恒文社、1995年)、『文学アルバム小泉八雲』(共著、恒文社、2000年)、『怪談四代記―八雲のいたずら』(講談社、2014年<2016年に文庫化>)ほか。小泉八雲の直系のひ孫にあたる。日本ペンクラブ会員。

講演内容:「小泉八雲にみる日本の心 ーオープン・マインドの航跡を辿るー」
明治日本の伝統的なくらしに目を向け、目で見えるもの、耳で聞こえるもの、心で感じるものを五感で感じた小泉八雲。あるがままの自然を受け入れる自然観、かそけき者たちのいのちへの思いなど日本の心について。

主催:JICP(日本人のアイデンティティ文化発信実行委員会)www.jicp.org