イベント

enokojima#event

DECOBOCOギャザリング#3 牡丹靖佳さん(画家/現代美術作家)
And when I found the door was locked / 130 x 194 cm / oil, pencil, gesso on canvas / 2015
Photo: Nobutada Omote Courtesy of ARTCOURT Gallery

DECOBOCOギャザリング#3 牡丹靖佳さん(画家/現代美術作家)

「旅と牡丹と鉄くず」
DECOBOCOギャザリング#3 ゲスト:牡丹靖佳さん(画家/現代美術作家)

「DECOBOCOギャザリング」は精力的にユニークな活動している30、40代の方々に、活動内容とそれを取り巻く環境などを話して頂くイベント。ゲストを囲んでワイワイと緩く人々が繋がるギャザリング(つどい)です。脱線トークも大歓迎。

3回目のゲストは牡丹靖佳(ぼたん やすよし)さんです。
牡丹さんは大阪府生まれ。1990年に渡米し、ニューヨークのSchool of Visual Artsで美術を専攻。1999年に帰国後は、東京を拠点に制作活動を行っています。牡丹さんは油彩や鉛筆など様々な技法を重ねて絵画を制作。絵画を軸に空間全体を作品化させた展示を行っています。その作品はとても軽やか。注意深く配置された美しい色や、繊細に描かれた断片を目で追って行くうちに、鑑賞者はいつの間にか作品の中に迷い込んでしまいます。また、牡丹さんはPoh Wang(ポーワング)というアーティストユニットでも活動しており、東京、オランダ、スコットランド、徳島、青森などでインスタレーションやビデオ作品を制作、発表しています。

本イベントは上映会とトーク、交流会で2時間ほどを予定。ポーワングがスコットランド滞在時に制作した映像作品「water flows」(6’48min)「voyage」(5′07min)「story of swan」(5’18min)を上映。その後プロジェクターを使って、写真を交えながら自身の作品や旅、そして幼少期より集めているという”鉄くず”について話して頂きます。交流会では参加者全員でにぎやかに話ができればと思っています。ぜひ、お誘い合わせの上お越しください。

牡丹靖佳 http://www.artcourtgallery.com/artists/botan/
・主な個展:2014/parade(Muzuho Oshiro ギャラリー、鹿児島)、2013/Unknown Library(MA2 Gallery, 東京)、2012/片方もの、もしくは盗人のコレクション(アートコートギャラリー、大阪)、2011/馬鹿レチェと恐れミエドの会話(アートコートギャラリー、大阪)、2010/dodo(MA2 Gallery、東京)、2008/into the forest(hpgrp GALLERY TOKYO、東京)、2006/雲居の余所(大阪府現代美術センター、大阪)
・主な受賞:2012/ポロック・クラズナー財団 グラント受賞、2007/財団法人野村国際文化財団 芸術文化助成、2003/第4回セゾンアートプログラム美術家助成、2002/トーキョーワンダーウォール賞、第5回岡本太郎記念現代美術大賞
・出版物:児童書/「どろぼうのどろぼん」(福音館書店、第48回日本児童文学者協会新人賞 2015年小学館児童出版文化賞受賞)、絵本/「おうさまのおひっこし」(福音館書店、発行日:2012年05月20日)など