イベント

enokojima#event

楽しく学ぶ狂言入門 和楽の世界 狂言と遊ぼう‼︎

和泉流狂言師の小笠原匡さんによる、「楽しく学ぶ狂言入門 和楽の世界 狂言と遊ぼう!!」をフラッグスタジオにて開催します。レクチャー&デモンストレーション、体験コーナーに公演と、狂言鑑賞が初めての方でも楽しんでいただける内容となっています。600年の伝統を持つ"日本最初の喜劇"である伝統芸能"狂言"。ぜひこの機会に体験してみてください。

プログラム (1日2回公演 / 各回1時間を予定)

レクチャー&デモンストレーション
狂言についての知識や演技方法を、実演を交えながら解りやすく説明します。また狂言面を使い、役柄に応じた面の表情の変化や、様々な身体表現や仮面の喜怒哀楽など舞台での秘密の約束事を特別に小笠原さんにお話しいただきます。

体験コーナー
会場の皆さん方と一緒に、お正月やおめでたい席で披露する狂言の簡単な祝言謡(おめでたい歌)のお稽古をします。

狂言公演
演目:柿山伏(かきやまぶし)
演者:小笠原 弘晃(シテ/山伏)、小笠原 匡(アド/畑主)

「柿山伏(かきやまぶし)」とは?

山伏が修行の途中に、喉が渇いたので柿畑に入り込み無断で柿の木に上って柿を食べ始める。そこへ畑主が見回りにやって来て、盗み食いする山伏を見つけ腹を立て、木陰に隠れた山伏をなぶってやろうと、犬、猿、鳶の物真似をさせる。侮辱され怒った山伏は法力の威力を見せようとするが・・・。
小学校国語の教科書にも掲載されている狂言の代表曲です。

小笠原 匡 (おがさわら ただし)

1965年生まれ。公益社団法人・能楽協会会員、日本能楽会会員、重要無形文化財総合指定保持者。人間国宝である野村萬及び故8世万蔵、9世万蔵に師事。萬狂言関西支部代表。狂言の大曲である「奈須与市語」「三番叟」「釣狐」「金岡」「花子」を披く。海外公演にも多数参加。新作狂言の劇作や演出、他ジャンルとのコラボレーション、NHK朝の連続ドラマ小説「カーネーション」(2011)、「ごちそうさん」(2013)の所作指導なども行う。2016年よりパリ日本文化会館にて年3回「伝統の継承」を企画プロデュース。千葉大学客員教授。千葉放送大学非常勤講師。うらやす市民大学講師。

小笠原 弘晃 (おがさわら ひろあき)

2001年生まれ。人間国宝である野村萬、9世万蔵、父・小笠原匡に師事。3歳で初舞台「靭猿(大名・野村萬)」を踏む。既に「伊呂波」「しびり」「魚説法」「井杭」「舟ふな」「重喜」「鶏聟」「二人袴」「昆布売」「盆山」「口真似」「柿山伏」「呼声」でシテ(主役)を勤める。2017年7月に野村万蔵家襲名披露公演にて「千歳」を、8月に延年之會にて「奈須与市語」を披く。阪本順治監督作品・吉永小百合主演の東映創立60周年記念映画「北のカナリアたち」出演、同監督作品・藤山直美主演の映画「団地」出演。現在パリ留学中。

【概要】

2017年11月3日(金・祝)
第1回 10:30開場|11:00開演
第2回 12:30開場|13:00開演
会場:フラッグスタジオ|1日2回公演、各回定員:70名
料金:一般1,000円|小学生以下500円(未就学児入場可)

【主催】

アトリエオガ http://www.atelier-oga.com/

【共催】

A&Lマネジメント(DECOBOCO)